大手銀行が発行している安心のカードローンの審査基準についてやさしく解説


実力はトップクラス、みずほ銀行カードローン

みずほ銀行と言えば日本を代表するメガバンクの一つ、銀行としてのみならず、口座は持っていなくとも宝くじ購入で利用されていると言う方も多いと思います。みずほ銀行の前身は第一勧業銀行、富士銀行、日本興行銀行、まさに金融業界のサラブレッドです。

このみずほ銀行が発行しているのがみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行が提供しているだけあってその魅力は半端ではありません。

まず金利は実質年率5.0~14.0%、融資限度額は最高で500万円、とまあこれだけでも軽くカードローンのトップ足りえる実力がうかがえるわけですが、実はみずほ銀行で住宅ローンを利用している場合にはさらに0.5%の年利の優遇が受けられます。こんな金利他を探しても見当たりません、まさに銀行系ならではの圧倒的な凄みを感じます。

銀行系カードローンではとかく気になる審査基準ですが、みずほ銀行カードローンの基準は年齢が20才以上60才以下で安定した収入があることが条件です。また株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられることも条件に含まれます。年収に関しては融資希望額が100万円を越える場合には年収 300万円以上となっています。

いかがですか。みずほ銀行のカードローンの内容の魅力から見ればむしろこのハードルは低いと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

またみずほ銀行のカードローンではキャッシュカード兼用型と言うタイプもあります。これは、普通預金からの引き出し時に残高が不足している場合のみ、自動的に不足分をカードローン口座から借り入れると言うことができる実に便利な機能です。