大手銀行が発行している安心のカードローンの審査基準についてやさしく解説


投資に興味を持つきっかけ

"一番初めに、投資扱いになるものをはじめたのは、
外貨預金でした。
当時は普通預金より利率が高いというのと、110円
ぐらいだったドル/円が105円ぐらいになったときだったので、
これは円高!お金をドルにしておこう!!と預金を
そのまま外貨預金にしたところ、その後のリーマンショックで、
資産はあっという間に半分…とはいかないまでも、2/3程度
に減ってしまいました。
その時になって慌てて勉強して知ったのが、外貨預金は
投資として、もっとも割が悪い方法だったということです。
手数料がバカ高く、同じドルを買うのでしたら、リバレッジ1倍でFXで塩漬けにしていた方が、よほど利益になっていました。
FXでなくMMFでも良かったなと思うようになった頃には、きちんと経済情報を調べるようになり、株式などにも興味を持つようになりました。
新しい投資優遇策としてはじめられるNISA。
少し前までは一人一口座、最初に作ったところから、変更できないというお話だったのですが、途中から複数口座も可能提案が出てきましたので、成り行きを見守って、申込を考えています。"