大手銀行が発行している安心のカードローンの審査基準についてやさしく解説


銀行系カードローン

お金を借りても返さない人は信じられない

お金を借りて返さない人は事情にもよりますが、信頼に値しない人と感じます。世の中でお金の貸し借りによる事件は、嫌と言う程見聞きしています。誰もが細心の注意を払う分野であるにも関わらず、それをしてしまう人は往々にして、その他の分野に関してもルーズで、同様に信頼できない言動繰り返しているのではないでしょうか。 「借りても返さない=お金に対する執着心が強い人」とも言える気がします。お金に執着が強いという事は、生活全般に渡って影響があり、トラブルが多くなるのも当然と感じます。正直に言って、関わりたくない人と判断してしまいます。もし事情があって返せない場合は、謝罪なり誠意を見せてくれれば、それだけでも安心できます。しかし多くの場合は、金銭欲という魔物に侵され、返さなくても平気になってしまう様です。それが常習になっている人は、大きなトラブルが発生しない限り、気づかないのでしょう。お金と引き換えに、大切な家族や友達を失っている事にも気づかない…。ある意味、とても気の毒な人に思います。

計画性のない消費者金融でカンタンに借りるのはNG

基本的には銀行であれ、消費者金融であれお金を借りる行為を否定はしません。いつ何時お金が必要になるかは誰にもわかりません。だからこそ自分に会ったところで、一番ベストな借り方をすれば良いと思います。 ただし借入れのハードルの低さゆえに、計画性もなく消費者金融を利用するケースが多々見受けられます。このようなケースで気軽に借り入れる人は、正直見ているこちらが不安になってしまいます。 実際に気軽に借り入れを繰り返したため、収入の半分以上を利子で消費している人を見たことがあります。本人は欲しかったものを手に入れられて満足そうでしたが、本人に対する周りの評価が低くなっていました。借り入れに対し、計画性もなく、気軽に利用している人は社会人としても信用がおけない人物と思います。 学校でお金のことを学ばないからこそ、借入れなど大事なお金のことは自分で勉強するべきと考えます。気軽にお金を借り入れるなとは言いませんが、借金することの重要さを勉強してから借り入れしてもらえればと思います。

銀行で振込みや引き落とし時の手数料がイマイチ

直接銀行に行かなくても、コンビニや街にある各銀行が提携しているATMで、お金を下ろすことができてすごく便利ではありますが、その際にかかる手数料が何とも言えない気持ちになります。 利用している銀行に行き、そこでATMを使えば問題はないのですが、やはり便利さを重視してしまうところがあります。数年前までは手数料も気にせずに、とにかく使いやすさ重視でコンビニのATMを使っていたりしましたが、手数料を考えたら馬鹿にならない金額になるなっと思ってからは、ネット銀行を使うようにしています。 大手銀行よりネット銀行の方が、様々なATMに提携していますし、何かと便利なんですよね。もちろん手数料がかかってしまうネット銀行もあるのですが、振り込みの際にもネット銀行は手数料が安いんです。大手銀行の方が手数料が高めなので、色々考えた上でもネット銀行を利用してしまいます。 安心・安全面からしたら、大手銀行の方が良いとは思っています。だけど、こまめにお金を下ろすのであれば、大手銀行よりもネット銀行の方がお得な気がするのです。手数料さえもう少し安くなってくれれば、大手銀行に不満を感じる事もないような気もします。

カード会社で設定した限度額までなら

日常で、財布を落とした経験をしたことがある人はたくさんいるのではないでしょうか。...

利用した金額と還元のパーセンテージ

現金還元やポイント還元をうたっているクレジットカードを、多くの主婦の方がお持ちで...

クレジットカード使用率の増加

日本では多くの手間を省くことで、サービスなどの質を大きく向上させています。近年で...

親から借金しました

"私はローンという物が嫌いでほとんどの物は現金で買っています。現金がない時は貯ま...

電子マネーのメリット

"現在プリペイド型の電子マネーを利用しています。 主に食料品を買うのに使っていま...

急なお金の入用、やはり頼りは親でしょうか

"お金が急に入用になった時。 幸い今のところは、そのような事態に陥った体験は免れ...